検索
  • K. SHUN

立命館大学のプレゼンテーション


本日は,立命館大学のプレゼンテーションが院内でありました。

立命館大学小島ゼミの学生達に有馬高原病院にお越し頂き,

今後,私達のプロジェクトに求められる「地域との関わり」についてご提案頂きました。

学生からは,

先月「イオンモール神戸北店」で実施したインタビューイベントで得た情報を元に,

地域の人が何を求めているのか?どのようなことでなやんでいるのか?について言及し,

求められる場やサービスについてご提案を頂きました。

彼らの提案を通して,

病院職員やプロジェクトメンバーからは,

“当たり前の日常に対して,これほどの悩みや幸せがあると深く考えた事はなかった!”

“妊娠や出産に対する男性の理解の重要性が分かった。もっと男性が育児に関わる機会をつくりたい。”

“この街の居心地の良さは,人の繋がりから得られるのかもしれない。”

といったような意見が出ており,深い議論の場となりました。

この街の今とこれから。居住している皆様の今とこれから。

普段深く見つめる機会は限られていますが,

俯瞰的に見つめ直す場がもっとあってもいいと感じました。

学生達の提案は,プロジェクト活動の参考に据えて,

引き続き積極的に活動を進めて参りたいと思っています。


0回の閲覧