検索
  • K. SHUN

神戸大学宮尾ゼミ 調査結果発表会を実施しました。


以前より,ありまこうげん未来構想プロジェクト2020の活動に協力を頂いている神戸大学宮尾ゼミ。

本日は,学生11名に有馬高原病院までお越しいただき,

フィールドワークの調査結果を発表いただきました。

発表内容は,彼らが数日間かけて三田市の商業施設で実施したインタビューやアンケート調査を主軸としたもので,学生ならではの視点で地域を捉えたものでした。

”喋りたがっている人が非常に多くいるように感じた”

”自分たちと話すだけで嬉しそうにする人もいて,人と会話するという重要性に気づいた”

”つながりをどのように生み出すかが非常に難しいと感じた”

”病院として,高齢者同士をつなげるイベントを実践することはできないか”

率直な感想や意見を踏まえつつ,論理的に考察を展開し,

職員から高い評価を得ていました。

学生達に話を聞けば,自分たちで地域医療や精神医療,地域活性化に関する書籍を

読んだ上でフィールドワークを実施したとのこと。

発表内容の構成にもそれらの知見が充分に反映されており,

その分野に専門的知見を持つ職員達からも感心したとの意見が出ていました。

プロジェクト事務局としては,先日の立命館大学の調査結果と併せて,調査から得られたデータを重視し,

活動の主軸に据えて参りたいと思います。


0回の閲覧