検索
  • K. SHUN

院内のコミュニケーションを考える(2)


本日は、先月の続編である「院内のコミュニケーションを考える」ワークショップを実施しました。

小規模でお昼休みを活用して行われるもので、

皆で改めて自分たちのコミュニケーションを見直す姿勢を持つことにワークショップのねらいがあります。

今回のワークショップでは、先月上がったコミュニケーションに関する問題の原因を考えました。

なぜコミュニケーションが巧くいかないのか?

なぜあの人は分かってくれないのか?

なぜ自分はイライラしてしまうのか?

自分に指を向けて、改めて日常の人間関係を振り返り、

改善アクションをプランニングしました。

まずは自分たちから。

病院内の風通しが、地域に波及して

地域の人間関係が温かくなる。

そんな壮大なビジョンに思いを馳せながら過ごした昼休みでした。


68回の閲覧

最新記事

すべて表示

神戸大学大学生による活動報告が行われました

2019年度ありまこうげん未来構想プロジェクトの産学連携活動として、 「神戸大学の大学生によるフィールドワーク活動報告会」を先日リモートにて開催いたしました。 (コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年度の発表はいったん中止としていました。) 当日は以下の流れで発表が行われました。 <内容> 1) Sカレでのマグネットを利用した介護靴提案の結果報告 ※Sカレとは約20の大学のマーケティングを専攻する