検索
  • K. SHUN

新たな保育施設に求めるものとは?


先日、院内保育所「みのり保育園」で卒園式がありました。

園の開設当初から通園してくれたお子様の卒園式でした。

0歳児から5歳児までのたくさんの子供たちが

卒園するおともだちのために

大きな声で元気よくお歌を歌ってくれました。

卒園するお子様の成長を実感するとともに、

みのり保育園を卒園してくれたことへの感謝と

「楽しい園生活だったかな?」

「また遊びにきたいと思ってくれるかな?」

という少しの不安があります。

現在建設中の新しい保育施設ですが、

みのり保育園に通っている園児たちみんなが、

わくわくしたり、走り回れたり、いろんな発見や気づきを得られるような建物になるよう期待しています。

4月からは本格的にアートプロジェクトが開始していきます。

園児たちはもちろん、地域の方も一緒になって保育施設を彩れる何か面白い作品を作ってみたいと思います。


77回の閲覧

最新記事

すべて表示

神戸大学大学生による活動報告が行われました

2019年度ありまこうげん未来構想プロジェクトの産学連携活動として、 「神戸大学の大学生によるフィールドワーク活動報告会」を先日リモートにて開催いたしました。 (コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年度の発表はいったん中止としていました。) 当日は以下の流れで発表が行われました。 <内容> 1) Sカレでのマグネットを利用した介護靴提案の結果報告 ※Sカレとは約20の大学のマーケティングを専攻する